CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 今季、最終便!! | main | Started!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ABBEY HORN LEATHER STICK



先日のブログで紹介した謎のスティック。


これ、シューホーンで有名な英国の「ABBEY HORN」社の
レザ−スティックというアイテムです。


ウェブや雑誌でちらほら紹介されてるので
ご存知の方も多いと思います。


何に使うのかと言いますと・・・





このように白く毛羽立ってしまったコードバンを
綺麗に戻す為に使います。

コードバンは一見表革に見えますが、
実はどちらかというとスエードの部類で、革の裏側なんですね。
その裏側の繊維を寝かせて光沢を出している訳です。

皺の部分が上の写真の様に白くなってしまったり、
水滴の跡が浮いた様に残ってしまうのは、この寝ていた繊維が起きてしまうから。

その起きてしまった繊維を再び寝かす為に使うのがこのスティック。




どう使うのかと言いますと・・・





まずはブラッシング。基本です。




スティックに乳化性クリームを少量取ります。






白くなってしまった部分に優しくこする様に塗り込みます。
こする事で、繊維を寝かせます。




そしてブラッシング。






ウェスやグローブクロスで仕上げると・・・









BEFORE


AFTER


白く毛羽立っていた部分が無くなり、
綺麗な光沢が戻ってます。

今回の靴はちょっと毛羽立ちがひどいですが、
こういった状態であればある程効果を発揮します。
長く履いてなかったコードバンや、手入れを怠ってしまったコードバンに最適です。





ちなみに今回使用した乳化性クリームは
アングレーズのビーワックスクリーム。

デリケートクリームやアニリンカーフクリームでも
問題ありませんが、アングレーズは光沢が素晴らしいのでお薦め。




で、このスティック、実は6300円します。
金額だけ見ると高く感じますが、
水牛の角から削り出しで作っていて、しかも歴史ある「ABBEY HORN」社製ですから決して高くないと思います。


数少ないので欲しい方はお早めに。



しかし久々の長いブログは疲れるな〜

| シミズ | 20:44 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 20:44 | - | - |
コメント
コメントする